2006年03月27日

ノムさんは愛されているのか?

もう先週のことではあるが、WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)が終わった。
何と王ジャパンが世界一である。
韓国に二度負けているとか、ほとんどおまけのようにしてトーナメントに進出したとか、いろいろ疑問を呈する声もあるようだが、ルールがああなんだからしょうがないだろうと思う。
ここ何年か、パ・リーグの理不尽なプレーオフ制度のせいで、一番勝率が高いのに日本シリーズに出ることが出来なかった王監督が、同じようなルールの下で世界一になったというのも何だか皮肉な話ではある。

さて、僕は普段日本のプロ野球というものをほとんど観ないのだが、そんな僕には、今、不思議で不思議でしょうがないことが一つある。それは、何故楽天イーグルス監督の野村克也のことを、新聞でもテレビでも何のためらいもなく「ノムさん」と呼んでいるのだろうかということである。
かつて長嶋茂雄は「チョーさん」と呼ばれた。王貞治も「ワンちゃん」と呼ばれていた。金田なんか「カネやん」である。しかし、今彼等のことをどれくらいのマスメディアがそのように呼んでいるだろうか。
例えば、かつてライバルだった選手が、当時の対戦の思い出を語る時などにはそんな愛称も出るだろう。週刊誌の対談などでも、そのような場面を時たま見かけることがある。しかし、一般のテレビ番組やスポーツ新聞ではない一般紙上では、何故か「ノムさん」率だけが異常に高いような気がするのだ。

みんなそんなに野村が好きなのか?
いや、もちろんファンは好きでもいいのだが、何故新聞までがわざわざあの男に親しみを込めるのか、それが僕には判らないのである。
posted by og5 at 23:25| 秋田 🌁| Comment(5) | TrackBack(2) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
with Ajax Amazon

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。