2008年09月13日

インターネット

いつからかインターネット上の情報の方が既存のメディア媒体のそれよりも信頼がおけると思うようになっている。だが、それはネット情報が新聞よりも正しいから、とか、公平だから、とか、そんな理由によるものではない。いや、よくその匿名性が揶揄されることでも知れるように、ネット情報の正確性、あるいは公平性はすこぶる怪しい。だが、だからこそ、僕はインターネット上を飛び交う「カオス」を、既存のご立派な「ジャーナル」よりもよっぽど信頼するに足るものとして認識しているのである。

嘘もホントもある。これがネット情報を僕が絶対的に信じられる、と思う決定的なポイントである。何故なら、既存メディアにはホントしかないからである。しかも、そのホントが、何故ホントなのか、実は誰も知らないからである。
前段にも書いた通り、ネットは常に匿名性のせいでその信憑性に疑義を呈される。しかし、新聞において、あるいはテレビにおいてさえ、匿名でない情報など実はごくほんの一部を占めるに過ぎないのだ。新聞社名、あるいはテレビ局名が、さも「署名=責任ある発言」であるかのように(あえて言ってしまえば)勘違いされているに過ぎない。

だからこそ、嘘でもいいから「反論」が必要なのだ。最も大事なことは「疑う」ことではないのか。だったら、それは「匿名」でもちっとも構わない。名乗らなければならないから反論も出来ないより、無責任でも反論出来る方がいい。
嘘を含んでいるかも知れないと思われる情報を前にした時、人は慎重になる。そうならざるを得ない。少なくとも、そのような「態度」を喚起するだけでも、インターネットは既存メディアよりも正直だと思う。
インターネット情報は、図らずも「誠実」なのである。
posted by og5 at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小人と僕

プライオリティ付けをしっかりして業務に当たっている時ほど、そしてそれがギリギリであればあるほど、予想外の「しなければならないこと」が発生しがちなものである。僕はストレスに弱い。すぐにゲンナリしてしまう。
そんな時(最近)、僕は「ああ、また小人さんが仕事を運んで来た」と思うようにしている。
すると、あら不思議。重苦しい気持ちがまるで嘘のようにすっきりと消えてしまうのである。

僕は元来怠け者である。仕事もあまり好きではない。もちろん、全ての仕事を嫌いだと言うわけではなく、ずっと同じ事を繰り返すような作業、例えば袋貼りとか豆のスジむきとかなら、きっと誰よりも勤勉に勤め上げられるであろう自信があるのだが、残念ながら僕の仕事は「そんなこと」ではない。。
だから、会社勤めは僕にとって非常に大きなストレスになる。それに、会社では、仕事だけではなく、人間関係もまた煩わしい。

9月に入ってからの僕は、多分楽しかった盆休みが長く後を引いているせいだと思うのだけれど、ずっとマイナス思考にとらわれ続けていた。
そこに、小人さんがふいに姿を現した。
余計な仕事を運んで来る小人さんはお荷物だが憎めない。人の悪意や意思疎通の難しさも、一緒に困った顔をして側にいてくれる小人さんを想像すれば、何とか乗り切ることが出来る(ような気がする)。
posted by og5 at 15:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
with Ajax Amazon

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。