2008年06月29日

「妊娠」をめぐる2本の映画

はからずも二日連続で「妊娠」をテーマとした、あるいは誰かが「妊娠」することによって生まれるドラマを描いた映画を観た。
「4ヶ月、3週と2日」と「JUNO/ジュノ」である。

432_img01.jpg「4ヶ月、3週と2日」は、とにかく長い映画だった。上映時間のことではない。また、退屈で長く感じられた、というのでもない。
昔、ダニエル・シュミット監督の「ラ・パロマ」という映画を観た時、途中でかなりぐっすりと眠り込んでしまったにも関わらず、ハッと気付いた時、眠る前と全く同じように、登場人物のひとりがまるで悪夢のように悠然と階段を降りるシーンを(まだ)やっていてひどく驚いたことがあるが、ちょうどあんな感じだ。
いや、その作法は全く異なるのだが、監督の時間に対する感覚がとても独特だという点が、僕の中で両者を結びつけるのである。

物語は、本当は単純である。主人公オティリアがルームメイトの堕胎に引きずり回され、その結果恋人と自分の決定的な違い、自分を取り巻く世界のグロテスクさに気付く・・・。
あえて「本当は」と書いたのは、僕にはこれをチャウシェスク政権と関連付けるという気が更々ないからで、だってそれは映画の中では何ひとつ具体的には述べられていないからである。
このシンプルな話を、クリスティアン・ムンジウ監督がユニークかつストイックな手法でえぐるように描く。そう、えぐるように。オティリアの心理を。そして、夜を。
堕胎医のベベも強烈だが、何といってもルームメイトのガビツァがすごい。「パーティ用のメニュー」を注文する彼女は、だらしなく鈍感で身勝手で、だがとてつもなく強い(と僕は思う)。
観終わった直後はむしろ嫌いだったのだが、時間が経つほどにシーンのひとつひとつが生々しく甦って来る。予告編で観た「新しいヒロインの誕生!」という賛辞には同意しかねるけれど、安易な政治的テーマではない映画的何かを表現する力を持った素晴らしい作品であることはまぎれもない。

「JUNO/ジュノ」もとても良かった。「4ヶ月、3週と2日」とは、全く意味が異なるけれど。
観終わった後でとっても幸せな気持ちになった。いや、冒頭から僕はもうすっかり幸せな気分に包まれていた。ジェイソン・ライトマン監督は「サンキュー・スモーキング」でも音楽の使い方が素晴らしかったが、本作でもそれはちゃんと(いや、更にグレードアップして)継承されている。
ジュノもボーイフレンドも両親もみんな最高だよ。
とにかく、僕は実に久し振りに映画を観て泣いたのであった。
大好きな映画です。

JUNO/ジュノJUNO/ジュノ
キミヤ・ドーソン

Warner Music Japan =music= 2008-04-23
売り上げランキング : 1149

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by og5 at 20:35| Comment(4) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
JUNO勧めてくれてありがとう。
私好みのツボ満載でしたぞ!見る前は「あれ?やっちまったぁ!」な女子がみんなに中絶を勧められるのに、私生んでやる絶対。てな映画かと・・
ベルセバが流れる中、ポリタンクのジュースをかかえて歩くJUNO!
なんだかお宅の奥様とだぶるのは秘密の方向で・・・
ヤッピーな夫婦の夫の小部屋も、突っ込みどころ。妊婦にスプラッターみせていいんかい?
私の好みではないBFだったが、病院のベットに寄り添い、カメラ、ドロついたナイキシューズとカラフル縞ソックスアップ!の図に胸がキューンとなったのです。
父ちゃんも爪磨きの母ちゃんも最高だな。
セリフが真っ黒ってくらい毒舌なのが大変おもろい。私も大好き!!
Posted by Fuming at 2008年06月30日 13:22
>Fuming

うちの馬鹿夫婦はね、BFの部屋に場面が移ると、何故かアストラッド・ジルベルトの曲が流れるのが「ツボ」でした。
あと、あの陸上パンツ、何処で売ってるのかね。
ドキドキしましたよ。

イーデス・ハンソン似の継母を何処かで見たな、と思い、もしかしたら「ホワイトハウス」のあの人か? と妻に話していたんだけど、ほんとにそうでびっくりしました。

Fumingも大好きでよかったよ。
(我等も一家揃ってDAIGOメンコです)
Posted by og5 at 2008年06月30日 20:06
いやー、どっちも見に行きたかったんだけど、
ここのところ死みそーに忙しいので、
なんとかJUNOなら滑り込めるかというところです。
ところで、今度「コドモのコドモ」という日本映画が上映されますが、
私の仲良くさせていただいている能代の先生の医院がロケに使われたそうです。
内科医院なのに産婦人科の看板をかけて。
選ばれた理由は、「古いから」ですと。
Posted by としぴー。 at 2008年07月04日 17:16
>としぴー。様

「JUNO/ジュノ」には滑り込めましたか?
「性的に活発な」って表現を是非味わって欲しかったのですが・・・。

さあ、明日から「コントロール」が始まる!
Posted by og5 at 2008年07月04日 22:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/101819713
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
with Ajax Amazon
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。