2008年07月31日

英会話

2年半くらい前まで英会話スクールに通っていた(と一昨日のブログで書いた)。そこで判ったことが少なくともひとつだけはあって、それはいくら英語を覚えても話題のない相手とは話が出来ないということであった。
こんなことをいうと、いかにも英会話の実力が上がったかのように聞こえるかも知れないが、そんなことはなくて、要するに僕は挫折してしまったのである。

僕は普段の生活においても、人と接するのにかなりプレッシャーを感じる方で、使わなくてもよい気は必要以上に使いまくるくせに、肝心な時には全く気が利かないという難儀な性格をしている。誰かといると沈黙がこわい。話が好きなわけでもないのに、何とかして相手との共通の話題(になりそうなこと)を探して話しかけようとするのだが、すぐにネタが尽きてしまう。だが逆に相手に話しかけられた時には、あまりちゃんと人の言っていることを聞いていないので、チンプンカンプンあるいはしどろもどろになってしまう・・・。

日本人相手だってこうなのだ。ましてボキャブラリーに極端な制限のかかる英会話において、「フリー・トーク」なんか出来るわけがない。
だから、(個人的なことを極端に拡大して一般論として言えば)僕は小学生が英語を習うことになど全く何の意味もないと思っている。
これは、要するに「言葉」の問題ではなくて、「人間」の問題なのです。
posted by og5 at 22:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私もかつては英会話教室にかよったものですが、
仲良くなってノミュニケーションばかり・・・
人間的に親しくなりたい、友達になりたいというのは日本人同士であれ他の国のお方であれ基本は変わらんのでしょうな。

最近、ブログの参加のしかたを反省しております。
あっ例のブログではありませんぞ!
まぁ夏の祭りもはじまるし、ロック・ザ・カスバでも歌いながら一杯やりましょうぜよ。
Posted by Fuming at 2008年08月01日 09:29
>Fuming

今年の夏祭りは曜日の巡り合わせがよくないねえ。
お盆までを夏祭り期間として、絶対ロック・ザ・
カスバしましょうね。
(ロック・ザ・カスベはもう終わったのだが・・・)
Posted by og5 at 2008年08月03日 19:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/103955279
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
with Ajax Amazon
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。