2008年08月15日

小銭の問題

小銭が嫌いである。
こんなことを言うと、お前はお金を粗末に扱うのか、とか、一円を笑う者は一円に泣くという言葉を知らないのか、とかいろいろと批判されそうであるが、そうではなくて、僕は「余分な小銭」が嫌いなのである。
飲んだ翌日、あるいは何かの支払いのために妻に財布を預けた後など、財布が異常に膨らんでいることがある。五円玉が2枚ある。五十円玉が1枚はしょうがないとして、8枚もの十円玉がそれと同居しているのはいったいどうしたことだろう。五百円玉が6枚の百円玉と共謀して財布を必要以上に膨張させている。あ、一円玉がこんなところに隠れていやがった・・・。
だから、そんな日のコンビニのレジでは、僕はせっせと小銭を吐き出す。そして、まだ少し厚ぼったいが、それでも若干はスリムになった財布をポケットに押し込みながら、ホッと安堵の吐息を漏らすのである。

コンビニやスーパーのレジでは、僕は常に会社の仕事で使う以上の計算能力を駆使している。時には、能力の限界を超えるほどである。
例えば、コンビニのおねえさんに「せんろっぴゃくごじゅうはちえんでございます」と言われると、僕は千円札2枚と百円玉2枚と十円玉1枚、そして一円玉3枚をカウンターに並べる。おつりは五百五十五円だ。ぞろ目で何となく縁起がいいし、硬貨が総数で3枚減少することになる。とても嬉しい。
レジ・カウンターに商品の入ったカゴを差し出した後、とにかくまず僕がすることは、財布の中の小銭の残数を確認することである。各硬貨の枚数をチェックし、打ち込まれる毎に変化するレジの金額表示を見守る。この時僕の胸のレジスターは、おそらくカネゴンのそれのようにカタカタとせわしなく回転していることだろう(んなこたないか)。

時々、僕の差し出した代金を見て悩み始める人がいる。訝しげにレジとお金を見比べている。そのままさっさと打ち込んでくれればいいのに、と思いつつ、僕も何も言えず、ちょっとだけど嫌な空気が流れる。
また、財布の中に8円あるのに代金の端数が「9円」ということがある。せっかく買い物をしたのに、僕の手元には一円玉が更に1枚増えてしまう。
とても悔しい。

ウルトラQミュージックファイル Vol.2ウルトラQミュージックファイル Vol.2
TVサントラ

バップ 1999-11-21
売り上げランキング : 48111

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by og5 at 11:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/104776161
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
with Ajax Amazon
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。