2008年08月17日

若尾文子・賛

増村保造×若尾文子.jpgそれぞれ別々に観ればまた違う感想が生まれたのかも知れないが、2本一気に観た僕の感想は、とにかく「若尾文子は凄い!」だ。
「刺青」、そして「妻は告白する」。
監督増村保造をはじめとした全ての関係者が、若尾文子の「魅力」にやられている。谷崎潤一郎も、多分やられていただろう。生きていたら、黒川紀章と恋のさやあてを演じたかも知れない。
と、これはまあ僕の勝手な妄想だが、谷崎潤一郎が亡くなるのが1965年のこと。「瘋癲老人日記」だの「卍」だの、谷崎の生前もこの文豪の原作による作品に度々出演していた若尾文子のことを、彼(谷崎)はいったいどう思っていたのだろうか、と僕はまたもやあらぬ妄想に走る。
僕もまた、若尾文子の魅力に完全にやられてしまったのである。

「刺青」のお艶は、とにかくカッコよかった。
常識的に考えればひどい女としか言いようがない。一応は大きな質屋のお嬢様なのだが、手代を半ばそそのかすようにして駆け落ちし、頼った船宿の主夫婦に騙されて女郎屋に身売りされても一向に怯まない。怯まないどころか、むしろ水を得た魚の如くである。お艶に翻弄され、人を殺めたり道を踏み外したりして右往左往する男達の滑稽かつ哀れな様が、逆に「生き物」としての人として間違っているのではないか、とさえ思えて来るほどだ。
だからこそ、お艶が自ら旗本(佐藤慶)に「惚れた」と言い切る瞬間が胸を打つ。
(「惚れた」旗本に愛され過ぎて)フラフラしながら帰宅した明け方、当然ながら嫉妬し詰問する手代に、またも散々勝手な(理屈にもならない)理屈をまくし立てるお艶。
そうだ、この人はどうしようもなく生命力の塊なのだ。
お艶は、決して背中に女郎蜘蛛の刺青を入れられた不遇の女ではない。お艶が女郎蜘蛛を呼び寄せたのだ。だから、悶絶するお艶の背中で、ドクドクと血を流しながら、女郎蜘蛛は「あたし別に何にも悪いことしていないんだけど」とでも言いたげな困った顔をしている。

着物の色が美しい。いや、そればかりではなく、全てにおいて色が深い。そして、土の匂いがする。セットを使用した撮影であることに現在と違いはないであろうに、足元にちゃんと地面のある感じがするのである。映画は匂いをも表現することが可能な表現手段である、と思い知る。
雪の中、駆け落ちする道行、足袋をはけばいいのにと気遣う手代に、自分は裸足が好きなのだ、と返すお艶が妙に心に残っている。

一方「妻は告白する」の彩子は怖い。いや、彩子が怖いというよりも、愛が怖いのだ。
彩子は純粋だ。だから、法廷でも幸田を見る。愛人関係にあるのではないかと疑われている正にその人を、何とも言えない表情で(盗み見るのではなく半ば堂々と)見るのである。
彩子は、二度幸田の勤める製薬会社を訪れる。二度目はあの衝撃的な雨の日の訪問だが、その日はもちろん、裁判が始まったばかりの一度目の訪問においても、周囲の人々の「目」を描くその肌触りは、僕に強くキム・ギドクを想起させる。
純粋な彩子の愛は、人目に触れることを憚られるような「忌避すべき何か」を孕んでいる。日常にはそぐわない、子供連れの母親ならば、その子の目を掌で覆いながら「見ちゃいけません」と言わずにはおられないであろう「何か」を。
彩子の告白に、僕は震える。彩子は、幸田との結婚を望んでザイルを切ったのではない。自分達だけが助かりたくてザイルを切ったのでもなかった。

幸田に拒まれて、よろよろと階段を降りる彩子を、非情のカメラが追う。すがる手摺の危うさ。人々の視線。それでもなお、エレベーターを待つ幸田の婚約者からだけは身を隠そうとする彩子。トイレの鏡に映った自分の顔・・・。
幸田の「誠実さ」など何の役にも立たない。

秋田フォーラス8階シネマパレにて上映中。
8/16(土)〜8/22(金) 入場料金\1,000均一
「妻は告白する」
@10:20〜 A14:00〜 B17:40〜
「刺青」
@12:10〜 A15:50〜 B19:30〜
※8/23からは、第三弾として「赤い天使」を上映予定。


これは、若尾文子へのラブレターである。

妻は告白する妻は告白する
円山雅也 井手雅人

角川映画 2004-11-26
売り上げランキング : 24892

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

刺青刺青
若尾文子.長谷川昭男.山本学.佐藤慶.須賀不二男, 増村保造

角川エンタテインメント 2007-11-22
売り上げランキング : 20430

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ラベル:若尾文子
posted by og5 at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
with Ajax Amazon
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。