2008年09月28日

哀しいけれど優しい「チェブラーシカ」

チェブラーシカチェブラーシカ

ウォルトディズニースタジオホームエンターテイメント 2008-11-21
売り上げランキング : 233

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

わにのゲーナには「哀感」が漂っている。言葉にしてしまうと何だかありきたりで感じが違ってしまうような気もするのだけれど、いや、それはむしろ「諦念」とでも呼ぶべき静かで実体のある孤独か。
わにのゲーナは「諦念」している。そして、それでもなお彼が友を求めずにはいられないのだという事実が、映画「チェブラーシカ」をもの悲しく、しかし優しく彩る。

勝手に、もっと単純にチェブラーシカの可愛らしさや温かいユーモアを前面に押し出したアニメーションだと思っていたので、少なからず驚いた。動物園で「ワニ」として働くゲーナはもちろん、理解し難いほど意地悪な謎の老女(シャバクリャクという名らしい)など、明らかに「脇役」達の方が活き活きとしている。チェブラーシカは、狂言回しの役にさえ立っていないのではないか、と僕は思った。

ゲーナとチェブラーシカが汽車に乗って旅をする3話目が好きだ。ここでもシャバクリャクは意地悪し放題、ゲーナの大切なもの(切符やアコーディオンなど)盗み放題で、そのアナーキーさは遠く地平線にマルクス兄弟のハーポを思い浮かべさせる。
行動に理由も目的もないところが、そしてもしかしたら悪意さえないかも知れないところが、そっくりなのである。

最後、シャバクリャクとチェブラーシカに切符を渡し、自ら汽車の屋根に上るゲーナが悲しい。
しかし、ゲーナの隣りには、すぐにチェブラーシカがやって来る。そして、シャバクリャクもやって来る。
僕はここに至って初めて、チェブラーシカがゲーナにとってかけがえのない存在なのだということを、そしてシャバクリャクでさえもが同じくそのような存在なのだということを理解する。
アコーディオンを弾きながらゲーナが歌う「空色の汽車」が胸にしみる。

※「空色の汽車」は右HPで聴くことが出来ます()。また、公式HPではチラシもダウンロード可。
posted by og5 at 16:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
with Ajax Amazon
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。