2008年10月04日

啓蒙無用

秋田テレビのキャンペーンなのだろう。アナウンサーが楽しそうにエコ活動推進を訴えているスポットを度々目にする。その時、画面下に「この放送に使用している電力は自然エネルギーによってまかなわれている」云々というテロップが流れるのだが、僕はいつも不思議に思っていた。まず「自然エネルギー」というのがよく判らなかったし、「この放送」というように各テレビ番組がそれぞれ分割してそのエネルギー源を使い分けるなどということが可能であるとはどうしても思えなかったからである。

「自然エネルギー」が、地球資源を枯渇させずに電力を得ることの出来るエネルギーを指す言葉だということはすぐに判明した(要するに、太陽・風力・地熱等を利用したエネルギーのこと)。
では、「放送の分割」の方はどうかというと、これが全く判らない。いずれにしてもその他大部分の膨大な放送は相変わらず「枯渇性エネルギー」を使用しているわけだから全然「エコ」になんかならないと思うのだが、彼等はそれを矛盾だとは思っていないのだろう。

いっそ、昔のように夕方の休み時間を取り入れればいいのに、と思う。これは、僕がまだ小学生の頃には普通に行われていたことで、今ほど番組がなかったからなのか、あるいは放送に見合うだけのスポンサーが確保出来なかっただけなのかは不明だが、毎日午後の一定時間帯はテレビ放映が中断されていたのである。これなら各局の放送にかかるエネルギーも、各家庭のテレビ受像にかかる電気代も節約出来る(それに、シンとして薄暗い茶の間は結構居心地のいいものだ)。

考えてみれば、ゴルフ場についてもひと頃は環境破壊の大きな原因のひとつだとして取り上げられていたものだったけれど、当時も今もテレビ局はたんたんとゴルフ中継を流し続けている。一方で環境だエコだと声高に言いながら、他方ではしっかりと都合よく商売をして稼いでいるのだから、そんなものは最初から無視していればいいのかも知れないが、浪費癖があり借金を繰り返してばかりいる親に無駄遣いはよくないと説教を垂れられているような気がして、よせばいいのにむかっ腹が立つのである。

日本以外全部沈没日本以外全部沈没
筒井康隆 右田昌万

角川エンタテインメント 2007-01-01
売り上げランキング : 6145

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by og5 at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
with Ajax Amazon
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。