2008年10月13日

「歩いても 歩いても」〜思い出す夏

映画「歩いても 歩いても」サウンドトラック映画「歩いても 歩いても」サウンドトラック
ゴンチチ

In The Garden Records 2008-06-11
売り上げランキング : 31536

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
見事だ、とまず思ったのだった。
それは映画が始まってまだ数分も経っていないほんのプロローグ部分を観ていた時のことだった。そして、物語が進むに連れてその思いはますます強くなる。
スクリーンには、他愛もないことを話しながらお昼の準備をする母(樹木希林)と娘(YOU)が映っているだけだ。あるいは、居場所のない家から逃れて散歩する父(原田芳雄)のかくしゃくとした後姿があるだけだ。が、とにかく見事なのだ。
疎遠になっていた息子(阿部寛)が妻(夏川結衣)とその連れ子を伴って家に帰ってからも、映画は一切揺るがない。こういう言い方は妙かも知れないが、しかし今はその他に言葉を思いつかない。

横山医院は、久方振りに大賑わいだ。医院ももう閉めてしまい、普段は年老いた夫婦二人暮らしなのに、今日は次男夫婦と長女夫婦、それにそれぞれの子供達も合わせ全部で7人も「お客様」がいる。
今日は死んだ長男の15回目の命日で、だから、母は大忙しなのだ。彼女の必要以上の張り切り、しつこいくらいの長男の思い出への言及は、父の寡黙な寂しさと表裏一体で思わずしんみりさせられるが、「お祖母ちゃん家」という言葉を巡るユーモアがそれを救ってくれる。
ほぼ何も起こらない。食事をして、言い合いをして、墓参りをして、また食事をして、風呂に入り、一夜明けて帰って行く。
そこにある父と息子の緊張感も、姑と嫁のやり切れないさや当ても、考えてみれば僕達の日常にいくらでも転がっているもので、だが、スクリーンに展開されているのは何とも魅力的な日本の夏であり、日本の家族なのであった。

次男の昔の写真を見る母と妻と子。ひとりでいる父。母が丸ごと抜いて来たので空っぽになってしまった箪笥の引き出し。一転、廊下をかける子供達の足音。そして明るい夏の昼。
是枝裕和という監督は、本当に子供を描くのが上手いと思う。
結局は修繕され得なかった風呂場のタイルと同じように、人生においてもほころびは必ずしも修復すべきものではなく、半分崩れながらも何となく続いて行く。
これは思い出す夏の映画で、息子の墓参りの珍しく化粧をした母と、彼女に引き抜かれたひまわり、そして遠く電車が見える坂道をゆっくりと下る家族を景色として、ゴンチチの音楽が優しく流れる。

※秋田FORUS8階シネマパレにて上映中。
 10/11(土)〜10/31(金)
 (1)10:20〜 (2)15:05〜 (3)19:50〜
posted by og5 at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
with Ajax Amazon
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。