2006年03月04日

ブームとしての「イナバウアー」はいつまでもつか

トリノ冬季オリンピックが閉幕して、早や一週間が過ぎようとしている。
結局今回のオリンピックで日本は、女子フィギュアスケート荒川静香の金メダル一個しか獲得することができなかったわけだが、巷では今イナバウアーとトゥーランドットが大人気であるらしい。イナバウアーは、今や荒川選手の代名詞ともなりつつあるフィギュアスケートの技の一つで、何でもそれだけでは点数には結びつかないとか。また、この技は本来荒川選手がやるように大きく背を反らす技ではなく、滑る際の足の角度がポイントとなるのだという。何故「技」なのに点にならないのか、背を反らした段階でこれはじゃあもう何か他の技ではないのか等素人の疑問は尽きないが、素人なのでそれをまた突き詰めて解明してやろうとも特に思わないのであった。

さて、日本人は飽き易いとはよく言われることである。実際にそういう面もあるし、また当然そうではない面もある。しかし、今回の五輪に関して、女子フィギュアと並んで何故か頻繁にマスメディアに取り上げられている女子カーリングの変な持ち上げられ方を見ていると、僕は長野だったかどこだったかの冬季オリンピックの時のカーリング・ブーム(そんなものが本当にあったとしたらの話ではあるが)を思い出さずにはいられない。
あの時も確かカーリングは今と全く同じ扱いであった。すなわち、今までほとんど誰も知らなかった、簡単そうに見えるけれども実は奥が深い、これを機会にファンが増えそうです云々。
だが、その結果は今回のトリノでもほぼ同様のことが語られていることで察しがつこうというもので、多分4年後もまた同じ扱い(あるいはそれ以下の評価)を受けることになるのであろう。

とはいえ、荒川選手のイナバウアーは、きっとずっと語り継がれていくのだろう。プッチーニの「トゥーランドット」など、作曲されてから既に八十年以上の年月が経っている。しかし、今回のブームとしての「イナバウアー」や「トゥーランドット」は、一体いつまでもつのだろうか、という話だ。
マスコミは何でもかんでも「ブーム」にしようとするが、何もそんなにあらゆるものを無理して使い捨てにしなくてもいいのではないか、と思う。彼等は、一体何に駆り立てられて、手当たり次第に全てのものの価値を貶めようと努力しているのだろうか。

「カマドウマー」という新技を考えた。リンクの薄暗いところから、背中を丸めて、いきなり信じられないくらいの高さでジャンプするという技なのだが。誰もやらないだろうな。

白い恋人たち白い恋人たち
サントラ ニコール・クロワジール ピエール・バルー

キングレコード 1993-11-26
売り上げランキング : 216,788

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by og5 at 15:22| 秋田 🌁| Comment(0) | TrackBack(2) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

カーリング場が作られるというものと「ブーム」
Excerpt: 本日もう一発目の北海道ローカルネタ。 屋内カーリング場 今秋、十勝に 帯広の農機具会社 思うところいくつか(話もそれていそう)
Weblog: 北の国から徒然日記
Tracked: 2006-03-07 09:02

格安体験カーリングの初心者OK
Excerpt: 今年のオリンピックでとっても話題になったスポーツ カーリング。 札幌のスケートリンクで、格安で体験できます。ちょっと今紹介するには時期が遅いのですが、来年以降、北海道旅行する方、ちょっと考えておいて..
Weblog: 北海道応援 自立しよう
Tracked: 2006-04-10 20:43
with Ajax Amazon
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。