2006年03月31日

言葉は残酷か?

朝日新聞社社長の息子が大麻不法所持で逮捕されたとのこと。これに関連付けて、朝日の最近のコマーシャルに対する揶揄が、あちらこちらで展開されているようである。
そのコマーシャルは言う。
「言葉は感情的で、残酷で、ときに無力だ。それでも私たちは信じている、言葉のチカラを。ジャーナリスト宣言。朝日新聞」・・・。

僕は、息子が大麻取締法違反で逮捕された朝日新聞社社長に何かを言うつもりはない。だが、改めてこのキャッチ・コピーを見て何だか心配になったのである。
だって、言葉自体は、感情的でも、残酷でも、無力でもないから。感情的であり、残酷であり、無力なのは、(ついでに言えば無責任なのは)、常にその言葉を発する人間だから。
人間でしかないから。
陳腐な例えで申し訳ないが、悪意に満ちた「幸運を祈ってます」という言葉もあれば、愛情にあふれた「死ね!」もまたこの世にはあるのである。
言葉に責任を押し付けるべきではない。
posted by og5 at 21:11| 秋田 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
with Ajax Amazon
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。